銀座カラー

 

脱毛出来ないケースと予約のキャンセルについて

女性ならではの脱毛に関する注意点はご存知ですか。
それは生理・妊娠・出産時の脱毛です。
女性である以上、少なくとも生理は避けては通れません。
実は生理期間中は女性の体はいつもと変わってしまい、脱毛をやってもあまり効果が無いばかりか、ムダ毛が残ったり黒いぶつぶつになって肌が荒れてしまうことがあります。
また女性は生理中に肌が敏感になっていますから、普段は平気な脱毛の痛みを敏感に感じてしまう可能性もあります。
その為銀座カラーではまず、Vライン(上部、サイド、iライン)、ヒップ、ヒップ奥といったデリケートゾーンの脱毛を生理中にはうけられません。
またなるべくなら全部位の施術をうけないことをおすすめしています。
これはどうせ施術をうけるなら最高の状態で一番綺麗になっていただきたいという配慮からです。
また妊娠中は胎児や母体への影響、そしてもちろんホルモン状態が通常と異なっていることを考え施術はうけられません。
出産後の授乳中は乳輪周り、胸、両ワキといった赤ちゃんがくちをつける可能性のある部位は施術をうけられません。
ではリズムが乱れて予約を入れていたのに急な生理になったり妊娠が判明した場合はどうすればいいでしょうか。
銀座カラーは予約前日の19時までにキャンセルの電話を直接コールセンターに電話すればペナルティはありません。
しかし予約前日の19時をすぎてしまうと「回数消化」や「キャンセル料」が発生してしまいます。
ですので生理等がわかったらすぐにコールセンターへ連絡を入れましょう。
また施術日当日に生理になってしまった場合は一度店舗に相談してみましょう。
銀座カラーは顧客目線で臨機応変に対応してくれるところも魅力のひとつですので、施術可能な部位だけでも行ってくれたり日をずらしてキャンセルのペナルティを免除してくれることもあります。
女性であるがゆえの悩みもついてまわりますので予約時は気を付けるようにしましょう。

 

銀座カラー


このページの先頭へ戻る